オンライン資格確認で日本の医療ITはどう変わるか

オンライン資格確認の開始が 2021年の3月に迫っています。

オンライン資格確認の普及は、医療における事務作業の効率化にとどまらず、電子処方せんの運用基盤としての活用をはじめとした、国のデータヘルス改革の基盤となる仕組みです。

そこでkakari事務局では、本取り組みを主導される厚生労働省 医療介護連携政策課長 山下氏をお招きし、「オンライン資格確認で日本の医療ITはどう変わるか」と題したオンラインセミナーを2020年11月に開催いたしました。その様子を録画したものを今回、オンデマンドセミナーとして公開いたします。

どなたでも無料にて何度でもご視聴いただけますので、ぜひお気軽に視聴登録をお願い申しあげます。

登壇者

厚生労働省 山下課長

厚生労働省 保険局医療介護連携政策課長

山下 護

平成9年旧厚⽣省⼊省。医政局、保険局など医療⾏政全般に携わったほか、在タイ⽇本国⼤使館、全国健康保険協会へ出向。現在はオンライン資格確認の取り組み全般を主導。モンゴル社会保険庁政策顧問を経て現職。

メドピア株式会社 石見

メドピア株式会社 代表取締役CEO(医師・医学博士)

石見 陽

平成11年、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。医師として勤務しながら平成16年、メドピア株式会社を設立。医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の他、医療ITサービスを多数展開。現在も週一回の診療を継続する、現役医師兼経営者。

内容

  1. オンライン資格確認とは(山下氏)
  2. メドピアの医療機関向けITサービスの取組(石見)
  3. オンライン資格確認で医療ITはどう変わるか(対談)
  4. 質疑応答 ※録画のため、新規の質問は受け付けておりません。

参加費

無料

本セミナーは一度視聴登録いただければ、どなたでも無料にて何度でもご視聴いただけます。

参加方法

① 本ページ下部のフォームよりお申し込みください
② 視聴用URLとパスワードをお送りいただいたメールアドレスにお送りいたします
③ お好きなタイミングでURLにアクセスください
④ パスワードを記入すると視聴が可能となります

注意事項

※ 動画の映像や音声に乱れが発生する場合、下記の方法をいくつかお試しください。
・ 時間をあけてアクセスする
・ 接続先のネットワークを変更する
・ 異なる端末で閲覧する など

視聴登録フォーム