【オンデマンド】薬機法改正が目指す方向性 -薬剤師・薬局の現状から認定薬局制度まで ~厚生労働省 医薬・生活衛生局総務課 薬事企画官 安川 孝志氏ご登壇~

2019年12月に公布された改正薬機法では、「継続的な服薬状況の把握・服薬指導の義務化(以下、服薬期間中のフォローアップの義務化)」、「『地域連携薬局』及び『専門医療機関連携薬局』の認定薬局制度の導入(以下、認定薬局制度)」、「オンライン服薬指導の導入」の3点が薬局に関わる法改正となりました。
このうち、「服薬期間中のフォローアップの義務化」と「オンライン服薬指導の導入」の2つについては2020年9月より施行され、3点目の「認定薬局制度」については本年8月の施行を目前に控えています。

2015年10月に公表された「『患者のための薬局ビジョン』 ~『門前』から『かかりつけ』、そして『地域』へ~」で示された「かかりつけ薬局への転換」という薬局・薬剤師の在り方の変革において、改正薬機法は中核を占めるものとなります。 今回、厚生労働省医薬・生活衛生局総務課 薬事企画官 安川 孝志氏をお招きし、「薬機法改正が目指す方向性 -薬剤師・薬局の現状から認定薬局制度まで」と題したオンラインセミナーを2021年6月に開催いたしました。その様子を録画したものを今回、オンデマンドセミナーとして公開いたします。

どなたでも無料にて何度でもご視聴いただけますので、ぜひお気軽に視聴登録をお願い申しあげます。

プログラム

  1. 「薬機法改正が目指す方向性 -薬剤師・薬局の現状から認定薬局制度まで」  - 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課 薬事企画官 安川 孝志氏
  2. 質疑応答 

登壇者プロフィール

厚生労働省 医薬・生活衛生局総務課 薬事企画官 安川 孝志氏
1997年京都大学薬学部卒業後、厚生省(当時)入省。
薬務局監視指導課、医薬安全局企画課を経て、2001年茨城県保健福祉部薬務課主任。
03年食品安全部基準審査課残留農薬係長、04年医政局総務課専門官などを経て、09年在インドネシア日本国大使館一等書記官。
12年医薬食品局審査管理課医療機器審査管理室長補佐、14年保険局医療課長補佐、16年医薬・生活衛生局総務課長補佐を経て、18年より現職。

参加費

無料

本セミナーは一度視聴登録いただければ、どなたでも無料にて何度でもご視聴いただけます。
本セミナーの公開に関しては9月末までとさせていただいております。

参加方法

① 本ページ下部のフォームよりお申し込みください
② 視聴用URLとパスワードをお送りいただいたメールアドレスにお送りいたします
③ お好きなタイミングでURLにアクセスください
④ パスワードを記入すると視聴が可能となります

注意事項

※ 動画の映像や音声に乱れが発生する場合、下記の方法をいくつかお試しください。
・ 時間をあけてアクセスする
・ 接続先のネットワークを変更する
・ 異なる端末で閲覧する など

視聴登録フォーム